【断言】大学生は絶対に『ノートパソコン』が必要です【失敗談あり】

大学入学を控えた学生
「もうすぐ大学生になるけど、ノートパソコンって必要なのかなぁ…。もし必要なのであれば、大学生におすすめのノートパソコンも教えてほしいです。」

このような疑問に答えます。

 

本記事の内容はこちら。

  • 大学生にノートパソコンが必要な3つの理由
  • 大学生が買うべきノートパソコンは持ち運びしやすいもの
  • 大学生はノートパソコンに5万円以上は投資すべき
  • 大学生のノートパソコンはWindowsとMacどっちがいいの?
  • 大学生にもっともおすすめなのはMacBook Air 13インチ 2017
  • 大学生のノートパソコンにMicrosoft Officeは必要なし

 

この記事を書いているぼくは、国立大学の文系学生
大学生ながらフリーランスのWebライター/編集者として活動しています。
在学中に2台のWindowsと2台のMacどちらも使用した経験があるので、その実体験をもとにお伝えできるかと。

 

3分ほどで読めますし、大学生にノートパソコンが必要な理由とおすすめの機種も知れるので、ぜひご一読を!

※こちらの記事は主に文系学部に進学する、もしくは理系学部だけどパソコンを使わない学生を対象としています。

 

大学生にノートパソコンは必要です!理由は3つ

 

結論を言うと、文系の大学生にもノートパソコンが必要です。

ぼくは最初からノートパソコンを持っていたので、その重要性に気が付きませんでした。

ですがぼくのパートナーは、ノートパソコンを持っていなかったんです。

最初はPCがなくてもなんとかなっていましたが、結果的に一緒にパソコンを買いに行く羽目になりました。

ここではぼくの実体験をもとに、大学生にもノートパソコンが必要な3つの理由をお伝えします。

具体的には、

  • スマホでは課題(レポートなど)がやりにくい
  • 大学のパソコンが使えない日もある
  • 今どきパソコンを使えないと就職してから苦労する

の順番に詳しく解説していきますね。

 

スマホでは課題(レポートなど)がやりにくい

 

今ではスマホが普及して、

高校生
「パソコンなんて全然触らない」

という高校生以下の学生も多いかと思います。

ですが大学では、日々レポートなどの提出物を「.docx」や「.pptx」という拡張子のファイルで提出しなければいけないんです。

すごくザックリいうと、スマホでもできないことはないけど、めちゃくちゃ扱いにくいってこと。

そもそも大学のレポートは、2000〜5000字が一般的なんですね。

スマホの画面はかなり小さいので、自分が現在どのくらい書いているのか知ることにさえ苦労するでしょう。

ぼくは昔レポートをスマホで書いていたことがあるのですが、今思うと圧倒的にアホなことをしていたと思います。

 

大学のパソコンが使えない日もある

 

学生
「大学のパソコンを使えばいいのではないか?」

そう思った人もいるでしょう。

たしかに大学にはPCルームのような部屋もあります。

学籍番号とパスワードさえ入力すれば、誰でもパソコンを利用可能です。

ただし、中間試験や期末試験の前後には、レポート提出のためにPCルームは大量の学生で埋め尽くされるでしょう。

祝日や休館日などでPCルームなどが空いていない場合もあるため、学内のパソコンだけに頼るのはかなりリスキー

ぼくのパートナーはレポートの提出の締切前日にPCルームが空いておらず、1日中ぼくのノートパソコンを占領していました…。

後日パートナーのPCを、一緒に買いに行ったのは言うまでもありません。

 

今どきパソコンを使えないと就職してから苦労する

 

大学を出て就職する人は、職場でPCを触らない仕事をするほうがめずらしいです。

このときに最初から全くPCに慣れていない人と、最低限の基本操作やブラインドタッチ(キーボードを見ないタイピング)ができている人だと、戦力になるまでに差ができてしまいます。

ぼくは人材系ベンチャーでインターンをした経験があるのですが、新卒でも最初からPCスキルが高い人ほど、重要な役割を任されていました。

そのなかでもブラインドタッチは必須かなと思います。

タイピングが遅いとまじで戦力になれないので、学生時代に習得するのがおすすめです。

1日30分の練習でタイピング速度が2ヶ月で2倍以上になった体験談も記事にしているので、ぜひご一読ください。
>>【体験談】30分の練習でタイピング速度は2ヶ月で2倍以上になります

 

ここまでで「なぜ大学生にノートパソコンが必要なのか」を理解していただけたかと思います。

ここからは「大学生が買うべきノートパソコン」についてお伝えしますね。

 

大学生が買うべきノートパソコンは持ち運びしやすいもの

 

大学生はノートパソコンを「持ち運びしやすいか」で選ぶべきです。

理由はひとつで、大学でも利用することが多いから

大学では学生が使えるWi-Fiが常に利用できます

大学生は学内にいることがほとんどですし、利用できるWi-Fiも学費の一部だと考えると、利用しないと損でしょう。

またノートパソコンが持ち運びしやすいと、気分を変えたいときにスターバックスなどのWi-Fiが利用できるカフェで作業ができます。

 

 

持ち運びしやすい条件としては、「サイズが13インチ(A4サイズほど)」「重量は1.5kg以下」「厚さ20mm以下」であるというのがぼくの結論です。

 

大学生はノートパソコンに5万円以上は投資すべき

 

ノートパソコンって学生にはかなり高いですよね。

めちゃくちゃ安いものでも2〜3万円はしますし、高いものだと20万円以上します。

でもここでケチると、結果的に損をしてしまうことが多いんです。

ぼくは大学5年間(現在進行系)にパソコンを4台利用しましたが、「最低でも5万円以上のちゃんとしたブランドのPC」を買うべきでしょう。

安いパソコンはすぐに起動が遅くなりますし、そもそもバッテリーの消耗が早すぎます。

買った当初はバッテリーが10時間持つというのが、1年が経つ前には2時間も持たないことが多かったですね。

電源が使える場所を確保できればいいですが、いつでも利用できるものではありません。

安いノートパソコンはサイズが大きすぎたり、重量が重かったりと、持ち運びしにくい要素が満載なことが多いので注意してください。

 

大学生のノートパソコンはWindowsとMacどっちがいいの?

 

学生
「大学生はWindowsとMacのどちらを選べばいいの?」

という疑問は誰しも1度は考えることだと思います。

結論から言うと、「Windowsを愛しているんだ!!」という人以外はMac製品を買うべきなんじゃないかなと。

世の中のイケてる企業(大企業とは言ってない)は、ほとんどがMac製品を社内用PCとして利用しています。

Windowsが悪いわけではありませんが、世の中の流れにあえて逆らうメリットもないでしょう。

さらに日本はiPhoneユーザーが世界的に見ても多いことも有名です。

同じApple製品ということで、かなり連携しやすいですよ。

例えば、iPhoneで撮った写真や動画もAirDropという機能で、ケーブルを使わずPCに一瞬で転送できます。

バッテリーも劣化しにくいですし、購入してから2年ほど経っても、半額以上で売ることができるんです。

ぼくも最初はWindowsユーザーでしたが、ベンチャー企業でのインターンを通じて、Macに乗り換えました。

WindowsからMacに買い換える人は何人もいましたが、MacからWindowsに買い換える人は見たことがありません

「それなら最初からMacにしとけよ」って話です。

 

大学生にもっともおすすめなのはMacBook Air 13インチ 2017

Apple公式サイトから引用

 

Mac製品でノートパソコンを選ぶなら、大学生には「MacBook Airの13インチ 2017」がおすすめ。

ぼくが今まででもっともお世話になったモデルで、学割を使えば10万円以内で手に入れることができます。

大学のレポート課題やブログを書いたりする程度であれば、「MacBook Air 13インチ 2017」を購入すべきでしょう。

最近新しいモデルが発表されましたが、値段も4万円近く高くなっていますし、機能的にも大幅な変更があったわけではありません。

ぼくは現在、仕事の関係上「MacBook Pro 13インチ」の最新モデルを新たに購入しましたが、普通の大学生活を送るのであれば、最初は「MacBook Air 13インチ 2017」が最適かなと。

買い替えるタイミングでぼくのTwitterでツイートするほど、愛が強いモデルでもあります。

ぼくのパートナーもこのモデルを購入しましたが、すごい使いやすいと評判でした。

 

大学生のノートパソコンにMicrosoft Officeは必要なし

 

「大学生のノートパソコンにMicrosoft Officeは必要なのか?」

という話ですが、結論を言うとGoogleアカウントさえあれば必要ありません。

この記事を書こうと思った最大の要因が、「課題を提出するためにOfficeが必要」という情報がネット上で出回っていることでして…。

はっきり言ってぼくは、大学の課題(海外の大学を含む)にOfficeを使ったことはありません。

なぜなら「Googleドキュメント」という超便利な機能が、無料で使えるから。

ぼくがインターン生として働いていた人材系ベンチャーでも、Officeは使用せずに「Googleドキュメント」を利用していましたね。

「Googleドキュメント」について触れている記事も書いていますので、こちらをご覧ください。
>>プロ大学生のぼくが教える!最低限のPCスキル5選【ライフハックも】

とはいえ、学生はOfficeを無料でPCにインストールできることもあるそうなので、どちらでもいいかと。

 

まとめ:大学生にノートパソコンは必要です

本記事のポイントはこちら。

  1. 大学生にノートパソコンが必要な理由は①スマホでは限界がある②大学のPCが使えない日もある③就職してから苦労する
  2. 大学生は持ち運びしやすいノートパソコンを選ぶべき
  3. 大学生はノートパソコンに5万円以上は投資すべき
  4. 大学生には「MacBook Air 13インチ 2017」がおすすめ
  5. 大学生にMicrosoft Officeは必要ない

 

ぼくは大学4年生で企業のインターンシップに参加するようになってから、パソコンの必要性を改めて感じました。

たとえ学生時代はパソコンなしで乗り切れても、社会人になると結局パソコンを利用することになるんです。

それであれば学生時代から自分のノートパソコンを買って、PCスキルを多少なりとも身につけるのがベターでしょう。

 

というわけで今回は以上です。

 

大学生に役に立つ情報などもTwitterで発信しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

香川大学 法学部 5年生(2週目突入)。フリーランスのWEBライター/ブロガー。サッカー歴16年。会社員の働き方に魅力を感じなかったので就活やめました。スキルなしの大学生でも就職せずに生きていく方法をお届けします。*記事執筆・サッカー・アニメ・旅行・食べることが好き。