【英語だけじゃない!】地方大学生こそ交換留学するべき3つの理由

地方にある大学って、交換留学しただけでなんかすごいって言われるよね。

でも地方大学生で交換留学を経験した人ならわかると思う。

「東京の学生はなんかレベルが違う」

それもそのはず。彼らの多くは数多くの留学志願者から選抜された学生だからだ。

一方で、地方大学から交換留学するハードルは恐ろしく低い。
なぜなら、そもそも留学志願者が少ないからだ。
僕が2年前に交換留学の希望を出した時なんかは、希望者が少なすぎて定員割れを起こしていた。

大学内の数少ない留学経験者として僕は後輩の留学相談に乗ったりもしていたが、交換留学するかどうかの悩みは2つ。
・留学先の授業についていけるか
・語学留学じゃダメなのか

前者に対しては、「どうにかなる」としか言いようがない。そうせざるを得ない環境なのだから自然と適応するものだ。

問題は後者なのだが、「英語を学ぶ明確な目的があって、それ以外眼中にない」という人以外は交換留学を断然オススメする。

そこで今回は、
・語学留学より交換留学に行くべき理由がわからない

という人のために、交換留学を選ぶべき理由を3つ紹介しようと思う。

①自分の将来に危機感を持てる

今やどこの国に行っても同じ日本人に出会うことは珍しくないが、大学で交換留学に行くと全国各地から同世代の優秀な学生が集まってくる。特に東京の学生は、同世代だとは思えないような経験をすでにしてるような行動力がすごい人が多い。

筑波大学N君の場合

僕の場合は、同じ学生寮に住んでいたN君という筑波大学の学生に非常に影響を受けた。彼は僕と同世代だったが、3社ほどIT系ベンチャーの長期インターンをすでに経験していたり、学生が運営するメディアのライターをしていたりと行動力がすごかった。さらには留学中もKindleで毎週本を2冊読んでいるという今まで出会ったことがない人種だった。

早稲田大学Gさんの場合

Gさんもまた、僕が影響を受けた一人だ。彼女も国際協力に興味を持っていて、積極的に現地の学生と関わっていた。Gさんは学年が僕より1つ下だったが、将来のビジョンが非常にしっかりしていて僕も相談にも乗ってもらったことがある。

自分の立ち位置を知ることができた

これらの経験から、自分がいかになんとなく大学生活を送ってきたかを思い知った。まさに井の中の蛙だった。

②自分の世界が広がる

交換留学するということは、最低でも1学期は現地に滞在するということだ。それだけ滞在すれば、文化や宗教、働き方の違いなども自然と自分の中で普通になってくる。自然と多様性を認められるようになる。

日本では敬遠される宗教

僕自身かなり偏見ではあるが、宗教には悪いイメージしかなかった。だが、宗教の教えを忠実に守って礼拝する友達を見るにつれて、宗教にはいい意味で心の拠り所となるコミュニティのような機能があるのかもしれないと思うようになり、むしろポジティブなイメージになった。

大学は何歳になってもいれる

ある日、授業で仲良くなった友達になんとなく年を聞いてみると27歳とのことだった。最初は驚いたが、周りを見てみると同じような人が何人もいたのでそのうち気にしなくなった。この影響もあって、僕は休学をしていると言っても過言ではない。

多様性を受け入れることで自らの思い込みを失くす

留学に行っていろんな価値観に触れて、自分の世界も広がったと思う。最終的には、大学卒業後はみんな”普通に”就職するものだという思い込みがなくなり、現役大学生フリーランスとしても活動できている。

③現地の大学で授業を受けられる

やはり語学留学との一番の違いはここにある。

授業中の活発な意見交換

日本の大学では講義の際に、教授に質問はしないのが暗黙の了解のようになっている。しかし、僕が交換留学で訪れたブルネイもタイもほとんどの授業で活発な質疑応答が行われていた。当然留学生にも容赦なく意見を求めてくるので、最初は何を言えばいいのかわからなかった。でも慣れてくると、次に当てられたらこう答えようとか考えながら授業を受けられてその講義の理解が深まった。同世代の学生ができていて自分ができていないと悔しいものだ。

グループワークの多さ

留学して間もない頃は、グループワークの多さに驚いた。レポートやプレゼンテーションもグループワークが多く一人一人の負担は小さい。でも、個人的には自分のパートをしっかりしないと班に迷惑がかかるのでめちゃくちゃ大変だった。

積極性が身につく

このような経験から嫌でも積極性は身につくだろう。

まとめ

交換留学は、上記の他に日本の大学と単位を互換できる可能性があったり、学費を現地の大学に払わなくてもいいというメリットもある。特に、地方大学の学生は私費留学よりも圧倒的に色々経験できるにも関わらず、学内の応募総数が少ない交換留学がおすすめだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

香川大学 法学部 5年生(2週目突入)。フリーランスのWEBライター/ブロガー。サッカー歴16年。会社員の働き方に魅力を感じなかったので就活やめました。スキルなしの大学生でも就職せずに生きていく方法をお届けします。*記事執筆・サッカー・アニメ・旅行・食べることが好き。